« 「一冊の手帳で夢は必ずかなう」 熊谷正寿 | トップページ | 「一瞬で自分を変える法」アンソニー・ロビンズ »

「80対20の法則」 リチャード・コッチ

 

80%の富は20%の人が持っている、に代表された原理原則の本。会社の利益の80%は20%の人が産むというのはとてつもなく納得。個人的にはプレゼンの80%は20%のリハーサルで決まると思い挑んだ結果、案の定いい結果を出しました。

 大事なのは何が20%の部分なのかを見極めることですね。これには経験が必要だ。

 以下、メモ。
・本を読むときは、目次→結論→序論→結論→面白いところを拾い読み
・月給の80%が20%の職業に集中
・努力の平均をあげるのではなく、努力の一点集中
・日常生活もできるだけアウトソーシング
・「幸運の連続」を逃さず、成功を確保する
・50対50思考をやめ、20%が80%になると考える
・20%の活動を理解したら、80%の活動を徐々に20%にシフトしていく
・80%の活動は容赦なく切り捨ててよい
・自分の人生で一番大事なものを考え、今の会社で実現できないならさっさと辞める
・時間革命のための7ステップ
 ・努力と報酬は別物と考える(バフェットの投資)
 ・罪悪感を捨てる(好きなことをやろう)
 ・押し付けられた仕事から自分を解放する
 ・常識にとらわれず、柔軟に時間の使い方を考える
 ・80%を与えてくれる20%が何かを見つける
 ・80%を与えてくれる20%に費やす時間を増やす
 ・つまらないことはやめる
・時間の利用法ワースト10
 ・他人から頼まれたことをやる
 ・いつもやっていることをやる
 ・あまり得意でないことをやる
 ・楽しくないことをやる
 ・絶えず邪魔が入ることをやる
 ・他人がほとんど関心をもってないことをやる
 ・当初考えていたよりすでに時間が2倍かかっていることを続ける
 ・信頼できない人、能力がない人と組む
 ・山あり、谷ありのサイクルが予想できることをやる
 ・電話に出る
・時間の利用法ベスト10
 ・人生の目的に沿ったことをやる
 ・いつもやりたいと思っていることをやる
 ・80%の成果を生み出す20%のことをやる
 ・最小限の時間で最大限の成果をあげる方法を考える
 ・君にはできっこないと言われていることをやる
 ・別の分野で誰かが大成功を収めたことをやる
 ・自分の創造力を活かせることをやる
 ・他人に任せられ、自分はほとんど遊んでいればいいことをやる
 ・常識はずれの時間の使い方をしている人、有能な人と組む
 ・今やらなければ生涯できないことをやる
・仕事の達成感について(20%を探すきっかけ)
 ・これまで多くの人から拍手をあびたことはなんだったか
 ・自分に一番あった仕事の形態はなんだったか
 ・これができたら最高にうれしいと思うことは何か
 ・仲間の95%より自分が楽しいと思えて、得意なことは何か
・成功のための10の法則
 ・小さな隙間に特化し、これだけは誰にも負けないという能力を磨く
 ・仕事をするのが楽しい隙間、第一人者になれる隙間を選ぶ
 ・知識が力であることを肝に銘じる
 ・自分の市場、核になる顧客を探し、その顧客に最善を尽くす
 ・80%の成果をもたらす20%の努力とは何かを考える
 ・超一流の人から学ぶ
 ・早いうちに独立する
 ・価値を創造できる人間をできるだけ多く雇う
 ・核になるもの以外は全てアウトソーシング
 ・レバレッジを利用する
・株は他の誰もが悲観になっているときに買え
・株は買値から15%下がったら損切り
・いちばん幸せを感じるときがいつかを見つけ、その時間をできる限り増やす
・いちばん不幸に思えるときがいつかを見つけ、その時間をできるだけ減らす
・幸せになろうとすれば幸せになる

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

|

« 「一冊の手帳で夢は必ずかなう」 熊谷正寿 | トップページ | 「一瞬で自分を変える法」アンソニー・ロビンズ »

絶対読むべき本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461255/9270807

この記事へのトラックバック一覧です: 「80対20の法則」 リチャード・コッチ:

« 「一冊の手帳で夢は必ずかなう」 熊谷正寿 | トップページ | 「一瞬で自分を変える法」アンソニー・ロビンズ »